出会い、こんにちはダダカンさん

  • 2012.08.26 Sunday
  • 18:54
 本題前にお知らせをひとつ。

 先週ついに、kuraxで開いていた「+R」(古本とアンティークの蚤の市)が幕を閉じました。当初は数ヶ月のつもりが、振り返ればはや2年。これも、ご来場下さった方々を始め、お世話になった皆さまのお陰です。平身低頭深謝。
ありがとうございましたー!

といいながら、、じつは場所を移してもう少しだけ続けられることになりました。青葉区役所裏手のビル2階にて、9月1日から。多少規模は小さくなりますが、ぎゅっと中味を凝縮して再開します。
ぜひ遊びにいらして下さいね!

 会場:仙台市青葉区上杉1-4-8 ミヤ・ハイ上杉ビル2階(青葉区役所すぐ裏)
 会期:2012.9.1-終期未定(不定休)
 時間:11:00-19:00
 参加店:ISHINN(アンティーク)、Chocolate.antiques(雑貨)、BUKOWSKI(キャンドル、雑貨)、書本&cafe magellan(古本)、Decoeur(洋服)、Squat(アンティーク、古着)、日進堂(おかし)、ひとつぶ堂(パン)


 閑話休題。

 この火曜日、ダダカン(糸井貫二)さんにお会いしてきました。これまで折にふれて紹介させてもらっていましたが、じつはこれが初対面です。
 何しろお年(92歳)ですから、お訪ねすればきっとご負担になりかねません。それに、お会いするのも勿体ないなんて勝手に思い込む節もあったり。なんとなく遠慮してきてしまったのです。それが最近、複数の方の勧めがにわかに重なり、思い直すきっかけになりました。

 連日の酷暑ゆえ、お身体を案じながら訪ねたところ、あにはからんや当日はすこぶるお顔色もよろしく、すっくと立派な三点倒立を披露して下さいました。ごそごそ身支度なさいながら命名まで授かる次第。「五時の儀」。時計を見やったら針が五時をさしていたからですって!

 大きな窓からは思いのほか風がよく吹き込みます。そのうえ家屋の向きが日射しを凌ぎ、とても居心地のよいお宅でした。おまけに、例によって佳境にいたるやダダカンさんが裸になられ、いっそう涼しげになりました。
 お父さまから譲り受けたという平屋の一戸建て。ここには、数十年の歴史が無造作に息づいています。板張りの廊下は左に傾ぎ、天井には雨漏りの紋様が表情豊かに広がります。目を凝らせば、そのむかし公安が仕掛けていったという盗聴器の埋め跡まで確認できます。そして、贈られ(芸大生お手製のマスクを継いだベストとか)、拾われてきた(半分に割れたカーブミラーなど)ものの数々が、空間の方々へ寄せ、あるいは積まれ、ときに飾られ、かりそめの居場所をあてがわれています。なかでもちょっと微笑んでしまったのは、日本共産党のポスターが無闇とあちこちに貼られていたこと。近所に剥落しているのを不憫に思い、拾って帰るのだといいます。
いうまでもなく統一的な美学や機能は皆無です。かといって、ただ散らかって無用の長物に堕しているわけでもありません。不思議と一切がダダカンさんの手から逃れた風情で、おのずとそこに佇んでいるのです。どれもこれも彼の所有物のはずなのに、気が抜けたように銘々勝手に寛いでいるというか。普段づかいの食器や家具まで、汚れも意に介さず、そっと隅に身を寄せ安らいでいるといったふう。それどころか、開け放した縁側を背に逆光のダダカンさんと接しているうち、薄暗がりのなか何もかも、人もものも見分け難くなってきます。あらゆるものが権利上おなじように佇み存在して見えるのです。まるで、あの大きな窓から風に乗って舞い込むなり、吹きだまってたまたま居ついてしまったかのように。ものばかりかダダカンさんご本人さえも。そういえば、このお宅すら幸運の賜もの、贈りものでしかなかったのでした。
 すべては偶然そこに居合わせただけ。おそらくダダカンさんの目にはそう映っているのではないか(彼の座右の銘「一期一会」を想起してもよいかもしれません)。特権視されるべきものなど何一つありません。主人が物件を従えているわけではないのです。ましてや逆に、ものに振り回されることもありません。ともすれば、フェティッシュに溺れる挙げ句いわゆるゴミ屋敷へ転落しかねない瀬戸際で、それらは矢継ぎ早に転送されてしまいます。つまり、来客への土産やメールアートとして問題が解消されてしまうのです。
 あまたのものたちと肩を並べる暮らし。かりに、それらの間にヒエラルキーを見出しうるとしても、それは持続する営みの残滓、かりそめのアリバイに過ぎません。家財はいうに及ばず、家屋も例外ではありません。かつて、ハイデガーは「住むことを能くする場合にのみ、建てることができる」(「建てる 住む 思考する」1951、大宮勘一郎訳)と喝破しました。住むことへの内在をとおして初めて建築は姿をあらわすというわけです。何にもまして、住むプロセスが先行するのです。住まうという一点において、建築やものと人との間にもはや別はありません。一方的に人ばかりでなく、建築やものまでもが等しく、ともに住まいうるのです。
 廊下の傾斜、雨漏りのしみ、水に漬かる茶碗。お宅に佇むひとつひとつがひっそりそう打ち明けていました。

 ところで、お話の内容はというと、時代やテーマを大きく跨ぎ、ここには書き留めきれないくらいです。ときを忘れて聞き入ってしまうほど面白く、なんども笑わせて頂きました。
 痔のおかげで出兵を免れた思い出や見張りの公安との間に生まれた心温まる交流について。はたまた、思いがけず精神病院へ収容されながら、数奇にもそれがかねてからの念願で嬉し泣きしてしまった逸話など。そういえば、中原祐介さんがお亡くなりになったことをご存じなく、話題にあがったときには少なからず肩を落とされていたのが印象的です。

 ダダカンさんの懐の深さにはいくら感謝してもしきれません。それから、案内して下さったSさんにも最大級のお礼を。ありがとうございました。

流れ星のチーズクッキー販売中!

  • 2012.06.14 Thursday
  • 23:59
 今回は、3つ入り180円です。ふわっとチーズ風味が広がります。どうぞー。
 画像欠
 焼き菓子 つばめどうさん作
 さて、<Book! Book! Sendaiがいよいよ盛り上がって参りましたー。
 6月に入るや喫茶ホルンさんの「ガロ系漫画家の棚」展を皮切りに、6日からターンアラウンドさんが「『詩(詞)』の中の人物・風景・情景」展を開催。きょう14日は<a href="http://www.kaseinoniwa.com/" target="_blank">火星の庭</a>さんにて「架空の土地へのガイドブック」展が始まります。
 そして、つづく明日から、チフリグリさんとyutoricoさんで、それぞれ「ULYSEES Exposed」と「文房具を包む」が催されます。あさってにはstockで「井上陽子の雑貨とブックフェア」。
 そんなさなか弊店はというと、、記録集「キオクのキロク 市民が撮った3.11大震災」にちなんだ写真展を画策しています。版元の20世紀アーカイブ仙台さんと、本書に詩をお寄せになっている武田こうじさん、みなで頭を捻って詰めの作業中。どんな展示になるか乞うご期待です。
 この日曜日6/17から!
なお、6/30(土)の武田さんによるリーディングライブは、すでに予約が定員に達しました。お申込み下さった方々に多謝!
 画像欠
 仮留めの風景

 最後に、ひとつ備忘録。。
 画像欠
 AOGPのお気の毒でしたブログより転載
 右下にペニスキャップがふたつ見える(2009)


 ダダカンさんのペニスキャップについてです。さる仙台アンデパンダン展2012に出品されていました。ただし、青野文昭さんによる「修復」を受け、彼の作品として展示されていたそれです。
 キャップは、パフォーマンスの度いつも装着なさるので、いまやダダカンさんのトレードマークになっています。鶏卵に穴をあけて中身を抜き取り、着色して亀頭に冠せます。
 今回に限らず、これまでも実見する機会は幾度かありました。当展覧会のプレイベントでも陳列されていたので、ご記憶に新しい方も少なくないでしょう。ただ、いずれも彩色部にスポットを当てるため、穴を接地させて安定を図るのが常でした。したがって、穴そのものが人目に触れることはまずありえませんでした。
 ところが、青野さんの作品は、まさにその穴を「修復」し、鑑賞に供していたのです。石膏で埋め綴じられた開口部が露呈していました。
 この際、青野作品としての分析はさておき、その穴の思いのほか小さなことに驚きを禁じえませんでした。想像したことすらありませんでしたが、あまりのか細さに、装着するにも難儀が忍ばれます。
 とはいえ、よくよく思い返せば、勃起したまま嵌める謂れはないのです。パフォーマンスの真っ最中に勃起する余裕があるわけありません。あくまで装着するのは、萎縮した状態をおいて他にないはず。だとすれば、穴の幅にも合点がゆきます。萎えたまま捩じ込むには十分です。かえって、穴が大きすぎれば、すぐ抜け落ちてしまうに違いありません。
 そう、パフォーマンス中は終始、このキャップが振り子になって、萎えたペニスが右へ左へぶらぶら揺れます。倒立なさるときなどぐるりと一回転するのです。勃起したままでは、これほど表情豊かにユーモラスな仕種は望みようがないでしょう。
 これは極めて重要です。ダダカンさんのペニスには、猛々しい勃起の誇示は金輪際似つかわしくありません。むしろ、軽妙洒脱なユーモアこそ真骨頂。だからこそ、切り紙や落書きをとおして次から次へとペニス型を増殖させずにいられないのではないか。つまり、象徴的なファルスのように、みなの羨望と脅威を一手に担う求心力として作用するよりか、想像的なフェティッシュのように、手づからよろこびの源を生みだす遠心的な力能そのもの(例えば、メイプルソープによる美しくも威嚇的なペニスに対して、吉永マサユキによる笑みがこぼれるほど脱力したフニャチンを想起すること)。
 青野さんの主旨からは遠く離れているでしょうが、そんなことをつらづら考えさせられる一品だったのでした。

一箱古本市の出店者大募集!

  • 2012.05.17 Thursday
  • 17:03
 いよいよ、毎年恒例、本の季節が近づいて参りました。
 6月の仙台は、Book! Book! Sendai(以下B!B!S)で盛沢山ですよー。
 画像欠

 メインイベントは、おなじみのSendai Book Market。今年は6/23(土)になりました。場所は例によってサンモール一番町。
そのうち一箱古本市では、つい先日から出店者の募集が始まりました。
 よかったら、一日店主になってみませんか?ふるってご応募して下さいね!
 参加料は、ひとくち1500円。お申込はこちらから。
 画像欠

 他にも、当日は色んなブースが開かれます。ぜひ遊びにいらしてくださいね。
 東京からはいつもの「わめぞ」のみなさん、それに加えて今回は、気仙沼から唯書館さんが古本の出張販売をしてくれます。乞うご期待!
 詳しくは公式ホームページをどうぞ。

 Book Marketのみならず、6月中は市内各所で多彩なイベントが進行します。火星の庭stockなどB!B!Sメンバーの店舗はもちろん、ターンアラウンドさん、喫茶ホルンさん、チフリグリさん、yutoricoさん、それからせんだいメディアテークも。お散歩がてら回ってみて下さいね。
 末席の弊店はというと、この春先に上梓された『3.11 キオクのキロク』(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)関連の写真を展示します。震災直後の風景です。あわせて、同書に詩をお寄せになっている武田こうじさんのリーディングライブを実施します。
 画像欠

 日程:2012.6.17-30(火曜定休)
 時間:10:00-20:00(土日-19:00)
 会場:書本&cafe magellan
 料金:無料
 協力:NPO法人20世紀アーカイブ仙台
 備考:武田こうじさんのリーディングライブは、最終日6/30(土)19:00-
  料金1000円(1ドリンク付)
  定員10名(事前申込tel.022-224-7560)

 ところで、先般お伝えしたとおり、「仙台アンデパンダン展 2012」に先駆けて、そのプレイベントが一昨日から開かれています。
 アンデパンダン展とは、誰でも自由に出品できる無審査の展覧会です。戦後まもなく始まり、とりわけ60年代には、公募・団体展など現状に飽き足らない作家たちから歓迎され、全国各地に広がりました。しかし、自由さはやがて無秩序の温床となり、表現が急進的に過激化した果て、展覧会そのものが自壊してしまいます。東京では、読売アンデパンダン展が有名です(cf. 『反芸術アンパン』赤瀬川原平)。
 他方、仙台でも有志によって実施されました。そして、その際話題を呼んだ(物議を醸した?)作家らの作品が、このプレイベントで一堂に集められています。宮城輝夫さんを筆頭に、ダダカン(糸井貫二)さん、石川舜さん、翁ひろみさんです。残念ながら、出品作品そのものではありませんが、往時のようすを偲ぶには絶好の展示になっています。とりわけ、石川さんの1955年から60年にかかる作品は必見です。というのも、宮城県美術館などで一般の目に触れるものとなると、これ以降のもの(土竜シリーズから)に限られるものですから。鳥海青児に師事した影響が濃厚に伺えます。明度を極度に落とし、重厚な凹凸を盛られた絵肌に朧げな人影が浮かびます。
 なお、会場には関連資料が多数揃えられており、当時の『美術ジャーナル』を開くと、アンデパンダン展に出品された作品が写真で確認できます。なかには、ダダカンさんのオブジェも!
 青野文昭さんと鈴木直樹さんのご尽力は固より、関係者の方々へ最大限の敬意と感謝を捧げます!
 画像欠

 プレイベントの初日には、弊店も協力させて頂き、ダダカンさんの記録映画『ダダッ子貫ちゃん ロングヴァージョン』を上映しました。
 雨のなかご足労下さったお客さま、ありがとうございました!あわせて関係者の方々、そして監督である竹村正人さんに多謝!
内容は、2010年に関西の詩人おふたりが、ダダカンさん宅を訪問したおりの記録です。去年ここ仙台でも上映会を開いたので、ご覧になった方も多いかもしれません(記録はこちら)。ただし、今回は再編集された長尺版です。前回ごっそりカットされていた、ダダカンケーキが振る舞われる一部始終を見届けることができます。どうやら並々ならぬ思い入れをお持ちらしく、ケーキを手がけるや、俄然いきいきし出すダダカンさん。最近お知りになったというホットケーキミックスの威力をご説明なさる合間にも、ぱぁと笑みが差し、それが瞬く間に画面を走り抜ける場面など、もうこれだけでも見応え十分です。
 とはいえ、焼き上がる待ち時間までほとんどノーカットゆえ、冗長な印象は拭えません。ただ、この間延びした昼下がりをも含めて、ダダカンさんの歓待ぶりを味わって頂けたら嬉しいです(居眠りするのもありだと思います!)。

 ご覧頂けるチャンスは、あと一回。この日曜日6/20の15:00〜です。会場はおなじくSARP。どうぞお見逃しなく!

 最後に、ダダカンケーキをざっくりご紹介♪(1ホール3人分?)
 画像欠

 まず炊飯器のお釜を用意し、これに材料をぬかりなく投入します。
 画像欠
1. 卵:ひと玉(黄身だけ。白身の臭いをつけないためだそう)
2. サラダ油:ひと振り
3. 砂糖:大さじ山盛り2杯
4. 練乳:およそ13搾りほど(ギューッと)
5. 薄力粉:大さじ山盛り2杯ほど
6. ホットケーキミックス:大さじ山盛り2杯ほど(ふくらし粉も配合されていて大変便利なんだとか)
7. 水:全体をかき混ぜながら、固すぎず、緩すぎず、よい塩梅に注ぐ(空気を含ませることも忘れないで!)

 画像欠
あとは、お釜を本体にセットし、スイッチを入れるだけ。約40分待機します。そのあいだは適当に寛ぎます。
ふだんのダダカンさんは、一日に缶詰を半分、卵と玉ねぎを交ぜてお召し上がりになるそうです。もっぱらサバばかりで、サケは駄目との由。

 画像欠
できあがり!おいしそうー。この日の自己評価はほぼ100点、大満足のご様子でした。ダダカンケーキは、日によって出来が違うのです。

『ダダッ子貫ちゃん』鑑賞記

  • 2011.10.28 Friday
  • 19:06
 本題まえに、今回のお菓子をご紹介。

 くまちゃんクッキー(こっくりチョコレート味)1袋(2匹入)¥170です。
 秋風に吹かれたあとは、あたたかいコーヒーとチョコが格別ですよ!

 閑話休題。

 めっきり遅れてしまいましたが、さる10/7(金)に上映された『ダダッ子貫ちゃん』のご報告です。
 お陰さまで、会場いっぱいのお客さまに恵まれ、なごやかに開催することが叶いました。ダダカンさんの一挙手一投足に、あちこちから朗らかな笑みがこぼれていたのが印象的です。制作なさった竹村正人さんも、よい雰囲気だったと喜んで帰途につかれたのでした(お疲れさまでした!そして、ありがとうございました!)。

 竹村さんは、はるばる兵庫から、昨秋ご友人とふたりでダダカンさん宅をお訪ねになりました。映像はその折に撮影されたものです。
 とはいえ、当初は映画をつくる気など毛頭なく、せっかくだから記録だけでもとカメラを詰め込んだといいます。それが、持ち帰って見返したところ存外におもしろく、いきおい編集、上映の運びになったそうです。
 それゆえ、カメラは三脚もないまま放置され、ぶっきらぼうな構図です。ダダカンさんをやや斜に押さえながら、冗長な余白が手前や上方に写り込んでしまっているのです。
 ところが、これが思いのほか功を奏すことになります。なにしろ、ダダカンさんがよく動くのです。斜の構図は動きを立体的に立ち上げ、余白は畢竟ダダカンさんが動きまわるフィールドと化します。
すっくと身を起こして前傾するや片手に重心をあずけながら引戸を開ける。用を足すなりぴしゃりと閉めきり、ひゅっと腰を下ろして湯を沸かす。やおら足を組み替え、不意に小蠅をぱちりと退治。
 いうまでもなく、他愛ない日常の振るまいに違いありません。しかし、これがいかに鋭く切れのある動きの連続か、目の当たりにする誰しもが我を忘れて魅入ってしまうのではないでしょうか。溜めや澱みがまったく見当たらないのです(とても90歳の所作とは思えない。かなり大袈裟に申せば、往年のマイケル・ジャクソン、あるいはフォーサイス・カンパニーばりです)。
カメラを放置したおかげで、たまさか実現した長回しがこの一部始終を収めています。

 ところで、上述した所作の数々も含め、応接するダダカンさんのありようがまた、味わい深くふしぎな魅力に溢れています。
 例えば、来訪者が次々と土産や写真をくりだす一方、そのつどダダカンさんは、興味があるのかないのか「ほぉ〜」と鷹揚に有難く受け入れつつ、受け流します。あるいは会話のさなかまるで煙草に火をともすかのように、違和感なく切り絵に着手し、瞬く間にお得意のペニス形を仕上げてしまいます。そして、終盤、全裸になって腹部に食紅でハートをあしらう場面では、迷いのない手さばきで坦々とこなしながら、来訪者との会話も普段どおりにやはり坦々と継続なさります。その後ひらりと三点倒立なさる段になっても、逆さまなのに、飄々とした趣きに変わりありません。
 押しつけがましいもてなしなど論外ですが、あまりに淡々となさっているためか相手に対する関心すらほとんどなさそうな節が伺えます。ただし、礼節を欠くことは決してありません。むしろ、配慮や敬意の念は、ことばや振るまいの端々に伺えます。おそらく、どんな相手であろうと公平に同じような応接をなさるのではないでしょうか。
 かといって、紋切型の口上、つまり形式的なもてなしに終始するわけでもありません。それどころか、一見すると破格な振るまいの連続です。慣習など完全に度外視されています。
 相手にも慣習にも構うことなく振るまいながら、にも拘らずダダカンさんは居心地のよい歓待を出来させてしまいます。
 なぜそれが可能なのか?

 かねてより、全裸になることが多いためか、ダダカンさんをめぐる言説は、とかくその奇矯さを強調しがちです。しかし、彼じしん強い意志から実行に移したことは、じつはほとんどありません。かつて大阪万博のさなか、全裸で太陽の塔を目がけて疾走したのも、さきに塔を占拠していた見ず知らずの男を、ただ「激励する」ためだったくらいです。あくまで、原因は他者にあり、ダダカンさんはそれに触発されるだけ、常に受け身なのです(演出過多のゼロ次元、加藤好弘さんは固より、ほかのパフォーマーや土方巽など舞踏家とも好対照です)。
 黒田雷児さん(『肉体のアナーキズム』黒ダライ児 2010)が指摘するとおり、パフォーマンスの大部分は他者へのオマージュとして突発的に生まれ、少なくとも自己表現と呼べる類のものではありません。つまり、すでにある出来事、ある行為がなされてしまっており、それに触発され已むにやまれず身体が舞ってしまう結果、裸になっている。ほとんど祝福の倫理とすら呼びうる誠実さによって遂行されているのです(スピノザの『エチカ』を偲ばずにいられません)。
 祝福とは、ダダカンさんにとって、主観的な解釈に拠って身勝手な好意を押しつけることでもなければ、慣習に則って拍手や紋切型を慇懃に与えることでもありません。先行する出来事や行為に内在し、そこからおのずと紡ぎだされる振るまいに身を任せること。もはや特定の誰彼を褒めそやすわけでなく、ともに内在するその出来事、世界そのものへの頌歌なのです(整理のためラカン派を導入しておきます。目の前にいる相手など理想自我への想像的同一化や、慣習や社会など大文字の他者への象徴的な同一化より、現実界における享楽、とりわけ「ララング」のようなものが問われているのではないか。例えば、ことばを知らないまま発声するだけでその響きを享楽しうる幼児。ダダカンさんが振るまう魅力はこの喃語に近しいように思われます)。

 おそらく、竹村さんらを迎えるダダカンさんは、彼ら特定の個人をもてなすように見えて、それ以上にともに居るその空間、地域、果ては世界も含め、存在そのものを歓待していたのではないか。だからこそ、彼らのみならず、映像をとおしてそれを鑑賞するぼくらまでなにかとても居心地よく迎えられている気分にさせられてしまうのではないか。そう思えてなりません(ぼくの一方的な敬愛をさし引いてもなお!)。

 ちなみに、ある筋によると(こう書くと怪しいかしら?)来年には、若き日のダダカンさんも出演なさっている映画『いなばの白うさぎ』が、ここ仙台で上映される予定になっています。ゼロ次元が全盛時の1970年に、加藤好弘さんが撮影した作品です。いまから待ち遠しいかぎり。

 さらに、時期を合わせて『ダダッ子貫ちゃん』も再上映できないかと画策しています。こんどは長尺版152分(竹村さんに最上級の多謝!なお普及版(?)は90分)。乞うご期待です!

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

看板犬からご案内

営業時間
10:00am-20:00pm
土日のみ-19:00pm
定休日:火曜
仙台市青葉区春日町7-34
お店のホームページはこちらです。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM