スポンサーサイト

  • 2020.05.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    第2回 小岩勉 写真展 第1期

    • 2012.05.07 Monday
    • 01:32
      本題のまえに、いくつかお知らせです。

     「きょうのおかし」にくろねこクッキーを入荷しました。
     2匹入りで200円!めんこいですよー。
     画像欠
     焼き菓子つばめどうさん 作

     今月から、仙台市内の複数のギャラリーを舞台に「ゼロ・アートプロジェクト」という複合イベントが計画されています。2ヶ月にわたり、展示やトークショー、そして上映会が催されます。つい二日前には、先陣を切ってゼロ次元展が始まり、主宰である加藤好弘さんのパフォーマンスで幕を開けました。
     あいにく仕事の都合で、ぼくは上演を拝見することは叶いませんでした。とほほ。。でも、ギャラリーのご厚意により、パフォーマンスで使った映像を再上映して下さり、十分堪能させて頂いたのでした(関本さんに多謝!)。
     ゼロ次元全盛時の記録映像と、加藤さんが1970年に制作した映画「いなばの白うさぎ」です。両者が、ディプティックのように横に並べられたまま同時に映し出されます。本来なら同時録音されている箇所があるはずですが、今回はそれがすべて省かれ、終始大音量のBGMが被せられていました。あくまでパフォーマンスを演出する舞台装置として編集し直されていたようです。
     個人的には「いなばの白うさぎ」を完成当時のまま確認したかったので、ちょっとがっかり。とはいえ、勉強になったのはいうまでもありません。なにしろ、当時の動画を目にするのはこれが初めてなものですから。それに、若き日のダダカンさんも拝見できたし。それから、はしゃぐ秋山祐徳太子さんも!
     男も女も白昼とにかくみな裸、そんな彼らが、数珠つなぎになって妙なステップを踏んだり、おなじ裸の人間をバケツリレーのように次々と受け渡したり、単純な所作を儀式としてただひたすら繰り返す、映画はこの連続で構成されています。意外だったのは、熱狂や秘教めいた雰囲気がほとんど見受けられない点です。文献や写真からだけでは、この和気藹々とした朗らかさには想到しかねます。どこか運動会、もしくはお遊戯会というか、無邪気な微笑ましさが画面中に溢れているのです。それは、出演者ばかりでなく、それを見守る観衆にも指摘できます。思いのほか、みな落ち着き払って鑑賞しているのです。通りすがりらしき人々も困惑した表情を見せません。どうやら、さくらも動員していたみたいですが、それにしてもこの混乱のなさには一抹の動揺を隠せません。というのも、ご自身の活動について、たしか加藤さんは「街を犯す」とか「テロ」だとか過激な言動をなさっていたはずですから(こんどお会いしたら聞いてみよう。。)。
     ところで、裸の男女が列になってミニマムな所作を反復する。ピナ・バウシュの舞台にも、完全な裸体ではないものの、おなじ場面があったと記憶しています。しかし、両者の印象はまるで異なります。前者が、訓練された身体をあえて貧しい所作に急き立てて、逆接的に過剰な情動の鬱積と放電が試されるのに対し、後者はもともと貧弱な身体(おそらく全員がダンス未経験)を貧しく動かし、かえってそれに居直ることで、多幸的な共同性を生みだしているのです。表現としては、比べるまでもなくヴッパタール舞踊団が圧倒しています。ただ、ゼロ次元が醸すあの多幸感はどうにも異様です。
     画像欠

     とまれ、ゼロ次元を含め、これからいろんな企画が待っています。なかには、弊店もささやかながら協力させて頂くイベントもあります。
     「ダダッ子貫ちゃん ロングヴァージョン」の上映会です。これは、去年の秋口にも市内で上映しましたが(当日の記録はこちら)、監督である竹村正人さんがさらに編集し直して下さった長尺ものです。よかったら一度ご覧になった方もどうぞー。

     日時:2012.5.15.tue.18:00-/2012.5.20.sun.15:00-
     会場:両日ともSARP(Sendai Artist-Run Space)


     そのほかイベントはこんなようすです。ぜひ!

     2012.5.4-20「ゼロ次元展」@TURNAROUND
     2012.5.15-20「前夜祭 2012仙台アンデパンダン」@SARP
     2012.5.22-6.3「2012仙台アンデパンダン展」@TURNAROUND、@SARP、@artroom.enoma、@GALLERY ECHIGO、@ギャラリー チフリグリ、@中本誠司現代美術館
     2012.6.2.18:00-「画家 石川舜トークイベント(聞き手 鈴木直樹)」@SARP
     2012.6.9-7.1「石川雷太展」@TURNAROUND


     閑話休題。

     小岩さんの展示は、ちょうど2年ぶりになります。前回は、80年代の駆け出しにまで遡って、そこから順を追って最近作までご紹介しました。
     今回は、その後に撮られた写真をご覧頂きます。初出は、昨年市内で開かれた個展です。ただ、まえの記事でご説明したとおり、プリントは異なります。今回は、昨年末に出版された『世界』別冊(「東日本大震災・原発災害特集 破局の後を生きる」岩波書店、2011.12.8)の扉に使用されたものにあたります。
     画像欠
     IWATE 2010

     昨年の個展では、葬列を写したものが相当数含まれていました。印象的なのは、ここでも看て取れるとおり、決して先回りしたり、正面や俯瞰で取り押さえることがない点です。ほとんどが仰角で煽り気味に、しかもおよそ後方から撮られたものばかりなのです。まなざしは、葬列とともに彼らが歩む先へ向けられ、参列者じしんを対象化して風景から切り出すことは断じて避けられます。かえって、一歩ごと、彼らによって彩られる風景をこそ見出そうとしているかのようです。
     いうまでもなく、心情的な同化など論外です。そんな驕りはどこにも見当たりません。むしろ、ひたすらともに歩み、おのずと湧き立つ風景を介して辛うじて触れ合うこと。この誠実さは、ただ参列者に対してばかりではありません。画面に浮かび上がる風景、写真そのものへのそれでもあります。そしておそらく以前言及したことのある写真家の資質、つまり常に何ものかに遅れ続ける才能についての誠実さでもあるように思われます。
     画像欠
     SENDAI 2011
     画像欠
     SENDAI 2009
     画像欠
     SENDAI 2011
     画像欠
     IWATE 2011
     画像欠
     SENDAI 2011
     とてもドラマティックな構成です。
     まず、正面性の強い電柱が、ふわっとソフトフォーカスでまなざしを受けとめます。ところが、つづく樹木は、おなじ正面性を下地にしながら逆に、鋭利かつ稠密なエッジを瞳に強迫してくるのです。耐えきれず、まるでガラスがひび割れるかのように、繁茂する葉に沿ってまなざしは散りぢりに粉砕してしまいます。この裂傷は次の画面へ波及し、稲妻が虚空を切り裂きます。するとこんどは、虚空そのものが、ぽっかり写しとられます。群生する百合をかき分けて、まなざしがその空虚へ吸い込まれてしまうのです。そして、最後の一枚では、やはり正面性が通奏低音として轟くなか、天の月光と地上の窓明かりが不思議な均衡を響かせ、まなざしは宙吊りにされてしまいます。
     ちなみに、電柱を写した写真群は、小岩さん宅からの光景なんだそうです。定点観測的に撮影を継続なさっているようです。
     画像欠
     FUKUSHIMA 2011.1
     この画像では判別しづらいですが、うっすら電柱(おそらく木製の古電柱)が右奥へと連なっています。それに応じて、たわんだ電線がのび、遠ざかるごと次第にホワイトアウトしています。猛吹雪のなか撮影された風景なのです。
     目紛しく遍歴を重ねたまなざしの運動も、ここにきてじっと凝視することが強いられます。今にも掻き消されそうな電柱、このわずかな黒い滲みにすがらずには、何ひとつ見ることが叶わないのですから。吹雪に耐えるように、まなざしは見ることに耐え忍ばねばならないようです。

    スポンサーサイト

    • 2020.05.07 Thursday
    • 01:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      看板犬からご案内

      営業時間
      10:00am-20:00pm
      土日のみ-19:00pm
      定休日:火曜
      仙台市青葉区春日町7-34
      お店のホームページはこちらです。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM