新年の読書

  • 2011.01.20 Thursday
  • 17:18
 買取の山から1冊、なんの気なし手に取ってみたら、これが滅法おもしろく一気に読んでしまいました。
 年末に読んで激昂した『ゴダール的方法』(平倉圭)とも思いがけず共振して(再帰的な分析手法や認知科学の知見、そして何より経験への内在がそのまま分析のための距離を確保する危うい手際!)無闇に興奮してしまった。
 古本屋をやっていなければ、見過ごしていたかもしれません。買い取らせて頂いたお客さまに感謝!いっぽう、仕事が滞り、ただいま挽回中です。。

 『リハビリの夜』熊谷晋一郎 著、医学書院、2009

 著者は、脳性まひでありながら、現役の小児科医。その彼が、じしんの半生を綴っています。
 なんていうと、つい同情や共感を呼んだり、困難の対処法を紹介したり、とかく読者の癒しや問題解決がウリ(そういう消費的な指向は、急場しのぎにこそなれ、何も生みだしません。せいぜい現状肯定が関の山です)のようですが、本書はまったく違います。
 むしろ、じしんの体験をとおして、リハビリの歴史や思想の問題点を生々しく炙り出しています。しかもそれが、とても客観的に、エレガントかつクールな筆致で認められているのです。

 そして、本書最大の魅力は、その客観的な分析が、外在的な視点からの対象記述だけに収まらない点にかかっています。
かえって、それは、脳性まひを監視する暴力として批判の俎上にすら上せられています。
 たとえば、リハビリにおけるトレーナーは、脳性まひを客観的に観察し、その身体を操作しようと働きかけます。他方、脳性まひの身体は、それを受け入れようとしながらも不可能ゆえ余計に筋肉を強張らせてしまいます。
 外在的な観察は、事態を効率よく運用するには適していますが、目の前の具体的な身体とは金輪際関係を結べません。

 いっぽう、彼の分析は、みずから実際の行為をとおして初めて浮上する諸単位の記述から出発し、その行為が持続する限り、その作動に身を委ねるようにしてエクリチュールを紡いでゆきます。つまり、身を沈めるように現場に内在し、徹底してそこに生じる出来事から譲歩しないのです。
 結果それは、健常者が押しつける正常な所作でも、単なる不随意な蠕動でもなく、新たに固有の動きを生みだし、紙上に留めることになります。
 例えば、便座ひとつとっても、健常者向けに調えられてしまっている日常は、脳性まひの身体にとって途轍もない難問として立ちはだかります。そこで、その形状や広さに応じて、健常者とは異なる応接が要請されるわけです。あるいは、医師である著者は、採血の技術を、口を利用し、補助者を立てて、いわゆる手本とはまったく別様に組み立て直して習得してしまいます。

 内在すること。世界と脳性まひが触れ合い、関係を切り結ぶその出来事に繰り返し立ち会うこと。

 「あなたを道連れに転倒したい」。著者は冒頭そう訴えていました。
 「なぜ私の体は転倒しやすいのだろうか。そしてなぜ、転倒しただけで二次元の世界に落ち込んでしまうのだろうか」。
 この切実な問いを前に、安易に「脳性まひだから」とか「障害だから」などと外在的に説明したところで、何も答えたことにはなりません。
 彼と世界のあいだに紡がれるエクリチュールにただひたすら付き添い、固有の動きを新たにともに生みだすこと。これ以外に回答はありえません。
 本書はまさにこれをパフォームします。かつ、それどころか、読むことそのものがパフォームである限り、読者をパフォーマーに仕立て、身体および経験の更新を余儀なくさせるのです。

 ちなみに、経歴を拝見すると、熊谷さん平倉さんともに1977年のお生まれです。
 じつはボクも同い年。同世代にこういう刺戟的な才能がいて下さると本当に勇気がわきます。ぼくもがんばろっと。

スポンサーサイト

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 17:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    看板犬からご案内

    営業時間
    10:00am-20:00pm
    土日のみ-19:00pm
    定休日:火曜
    仙台市青葉区春日町7-34
    お店のホームページはこちらです。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM